株価評価方法

トップページ » M&Aについて » 株価評価方法

株価評価方法

株価の算定は、算定目的の確認 ⇒ 企業分析 ⇒ 評価手法の選定、というプロセスに基づき行われます。

算定目的の確認

株価算定のプロセスは、最初に株価算定の目的を確認する作業から開始されます。 株価の算定上、その算定目的により採用する評価手法や基礎数値が異なってきます。
例えば、M&Aにより全株を売却する場合と、将来の友好的な取引関係を構築するために株式を持ち合う場合とでは株価の算定手法や算定結果は大きく異なってきます。

企業分析

株式の価値は企業の状況を勘案して算定すべきものと考えられます。 勘案すべき 企業の状況には例えば以下のような事項があります。

  • 市場価格の有無
  • 類似する業種の上場会社の株価
  • 同業他社の株式取引事例
  • 会社に対する支配権の有無
  • 将来の成長性
  • 同業他社に対する優位性
  • 事業計画の信頼性
  • 保有資産の価値
  • 各種税金 等

評価手法の選定

評価目的や企業の状況に応じて、以下の方法あるいは折衷法により株価の算定を行っております。

I. 取引事例比準方式

(1)市場価額法、取引事例価額法
(2)類似会社比準法
(3)類似業種比準方式
(4)PER比準方式

II. 純資産価額方式

(1)簿価純資産法
(2)時価純資産法
(3)時価純資産プラス営業権法
(収益性も考慮)

III. 収益還元方式

(1)収益還元法
(2)DCF(割引キャッシュフロー)法
(3)リアルオプション法

IV. 配当還元方式

(1)配当還元法