M&Aの手順

トップページ » M&Aについて » M&Aの手順

M&Aの手順

M&Aの個別相談から成約までは、実際には下記の図のような手順に従って進められていきます。譲渡企業と買収企業によって、以下の流れのプロセスをたどっていきます。

ma_img2

上記図のそれぞれの内容について

アドバイザリー契約の内容

業務範囲、秘密保持、着手金と成功報酬に関して取り決め、専任仲介契約、直接交渉の禁止などです。

企業情報資料の作成

収集した資料やインタビューした内容を整理・ファイルして、詳細な資料を作成します。

これ1冊で売り手企業の会社内容がほぼ網羅的にわかります。これは、買い手企業が詳細な検討に入ったときに企業情報としてまとめて渡すことになります。

企業概要書

買い手企業に対して、売り手企業に興味があるかどうかを打診する場合、秘密保持の必要から、売り手企業のすべてを話すことはできません。したがって、企業概要書(ノンネーム資料)といわれるもので打診をします。最初に買い手に提示する資料なので、1次資料という呼び方をします。

秘密保持契約

企業概要書で検討を進めることを決めたら、より詳細な資料が必要になります。そこで、秘密保持契約を締結して、詳しい資料を提供してもらうことになります。

基本合意書

M&Aにおける大きな山場のひとつです。

一般的に基本合意契約までは、売り手企業は数社と交渉を続けていきますが、基本合意契約を締結した時点で1社のみとの交渉となります。

基本合意契約はいままで交渉してきた内容や条件の確認と総まとめといえます。

最終契約のたたき台であり、買い手、売り手ともに、できる限り具体的な内容で取り決めを行う必要があります。M&Aにおける大きな山場のひとつです。

買収監査

公認会計士などの専門家を使って実地調査を行うことにより、企業の実態を正確に把握しようというものです。