M&Aのメリット

トップページ » M&Aについて » M&Aのメリット

M&Aのメリット

新規事業を立ち上げる場合、コンセプトの決定から場所探し、社員研修、デザイン、工事などを行って、ようやく営業活動がスタートできるのに対して、M&Aによれば、相手探し、買収契約などの手順を必要とはしますが、よい相手さえ見つかれば、それら手順を経てすぐに営業活動のスタートが可能となります。売り手企業のブランドを引継ぎ、新規事業の展開を低コストかつ低時間で実現可能とします。

また、基礎的な売上が確保できている会社を買収するため、売上予測が立て易く、収益増加の速攻性にも役立ちます。

人材についても、経験、実績のある優秀な人材をそのまま確保でき、市場シェアの拡大により、規模のメリットを享受でき、事業多角化、弱点部門の強化が可能となります。自社の事業とシナジー効果を発揮させるのに役立ちます。

逆に売り手側についてですが、会社を売ろうと考える理由は、後継者がいない、第2第3の起業、業界への先行き不安、経営者の意欲・能力以上の会社の巨大化、業績の悪化など、様々な理由が存在します。

特に中小企業の場合には、後継者不在は深刻なものになっています。後継者が見つからずに、廃業して会社を清算することになれば、長年にわたり築いてきた商圏・技術・ノウハウがすべて無に帰してしまうばかりか、従業員の雇用や取引先への影響も深刻です。友好的なM&Aによりこの問題を解決することが可能です。

生存競争について先行き不安があったり、経営資源不足の問題を解決したい場合にM&Aは有効な手段となります。M&Aで上場企業等経営資源の豊富な企業の傘下に入ることにより、販路の拡大や円滑な資金調達、社内体制の整備など、自社の弱い点を補うことができ、企業体質の強化につなげることが可能です。また、自社が得意とする分野に経営資源を集中させるために、ノンコア(非主力)事業を売却することで、企業の体質強化を図るケースも増加しています。

また、創業者利潤を実現させるためには株式公開、会社の売却、廃業・清算のいずれかをすることになりますが、一般に、株式公開は成長のプレッシャーや内部管理体制の強化などハードルが高く、また廃業・清算の場合、資産の処分価格は低く抑えられるとともに、会社の資産処分と株主への配当に対して二重の税負担が必要になり、手取金額が少なくなりがちです。このため、会社の売却は、オーナー社長にとって創業者利潤を実現する有力な方法であると同時に、築き上げてきた企業が存続していくという精神的な充実感につながるハッピーリタイアメントを可能にします。